理学療法士として勝ち組になる方法4選|勝ち組は年収500万稼ぐこと

当ページのリンクには広告が含まれています。
本記事では理学療法士として勝ち組になる方法を4つあげています。その他に理学療法士としての勝ち組とは何かを私なりの考えを踏まえて解説しました。
悩む人

理学療法士としての勝ち組が何かわからない

悩む人

理学療法士が勝ち組になる方法がわからない

あなたは、理学療法士として働く上で勝ち組になりたいと思いませんか?

しかし、『勝ち組とは何かがわからない。

そんな悩みを抱えた方に向けて記事を書いています。

仕事をバリバリ頑張っていると、勝ち組になりたいという気持ちは日に日に高まるはずです。

しかし、勝ち組になるためには闇雲に頑張っても意味がありません。

本記事は私が今まで会った『理学療法士として勝ち組だなぁ』と思う方を見て話したことをもとにここで解説します。

本記事でわかること

  • 理学療法士として勝ち組になるためには?
  • 理学療法士として勝ち組になる方法
  • 勝ち組になるための努力

本記事の信頼性

本記事を書いている私は作業療法士10年目です。

本記事を書いている私は当サイト(リハ職を楽しむブログ)の管理人です。

10年目の作業療法士で、リハ職を楽しむために日々奮闘中です。

目次

理学療法士として勝ち組とは?

勝ち組理学療法士とは?どういったものなのか私個人の考えを踏まえた上で解説していきます。

理学療法士として、勝ち組とは年収500万以上稼ぐことです。

後述していますが、日本全体の平均年収は443万円です。

理学療法士は、平均年収が430.7万円です。

年収の平均額を見ていくと、平均以上の年収をもらえると、自分自身の給料に満足する人が多いことが考えられます。

そのことから、平均年収を上回っている理学療法士は勝ち組です。

では、実際の勝ち組理学療法士とは、その他どんなことを指すのでしょうか?

理学療法士としての勝ち組の例を以下に挙げています。

理学療法士としての勝ち組の例

  • 年収500万稼ぐ
  • 理学療法士の仕事にやりがいを感じている
  • 休みが多い

理学療法士として働く上で、給料が高いことは勝ち組であることが言えます。

しかし、それ以外にも理学療法士として勝ち組と言えることはあります。

それは、日々の仕事にやりがいを持って取り組むことができていること。

休日が多く、ワークライフバランスが充実していること。

それらを以下で詳しく解説しています。

年収500万以上稼ぐ

日本全体の平均年収は443万円(国税庁:民間給与実態統計調査)です。

また理学療法士の平均年収は430.7万円平均月収は30.1万円で、平均年間賞与は69.8万円(厚生労働省:令和4年賃金構造基本統計調査)となります。

まこまる

430万円も稼いでいる療法士は少ない印象です。

日本全体と比較しても理学療法士の平均年収は低いことがわかります。

結果、年収500万を稼ぐことは周囲の人たちよりも少し多くなります。

そのため、平均年収で見ると年収500万稼ぐ理学療法士は勝ち組ではないでしょうか。

私個人の見解ですが、リハビリ職が年収500万稼ぐというのは、そう簡単ではありません。

日々の努力や行動することで年収を上げることができます。

しかし、努力や行動を継続することが難しいため、なかなか年収アップにつながりません。

そのこともあり、年収500万稼ぐ理学療法士は勝ち組と考えます。

理学療法士の仕事にやりがいを感じている

理学療法士の仕事にやりがいを感じていることは理学療法士として勝ち組と考えます。

患者様が歩けた時に『先生、ありがとう』と感謝の言葉を伝えてもらうことがあります。

そんな時、『理学療法士をしていて良かったなぁ』と感じます。

頑張れば頑張った分、患者様から感謝されます。

他の職種ではなかなか、経験することは難しいです。

今日も患者様のために、リハビリを頑張ろうと職場に迎えることはとても大事です。

その気持ちがやりがいにつながり、自分の成長やライフステージを上げることにつながります。

ついつい勝ち組とは年収が高いことに着目しがちになります。

それ以外にも理学療法士としてやりがいを感じて、日々の仕事に取り組むことができることは勝ち組です。

休みが多い

理学療法士として勝ち組になる上で、年収だけが全てではありません

心の余裕が必要ですが、休日がないと心の余裕は生まれません。

休日が多いと、いろんな面で勝ち組になる要素が高いことが言えます。

以下に休日が多いことのメリットを挙げました。

休日が多いことのメリット

  • 家族との時間が増える
  • 副業に取り組める
  • 趣味に没頭する時間が作れる

休日が多いことは、勝ち組になる要素を多く持っています。

その上で、給料が高くてもブラック企業で働くことはおすすめしません。

例えば、休日が多いことで自分のスキルアップにつなげることができます。

そこで得たスキルで副業に取り組むことも可能です。

時は金なりという言葉があります。

今、自分に与えられている時間というものは無限に感じることがあります。

しかし、年を追うごとにわかってくるのですが、時間が有限でありあっという間に過ぎ去るものです。

そう考えると、今与えられている時間は有効活用しなければいけません。

時間をかけてお金を稼ぐのではなく、どれだけ短時間労働でお金を稼げるかを考えることも大事です。

人によって異なる勝ち組理学療法士の基準

理学療法士としての勝ち組とは一体なんなのでしょうか?

私は何人も『理学療法士としてこの人は勝ち組だなぁ』と思う方に出会ってきました。

理学療法士として勝ち組の方には言えることがあります。

それが以下の通りです。

理学療法士として勝ち組な人

  • 他人が見て勝ち組な人
  • 自分自身が勝ち組と考えている人

私が思う勝ち組な人は上記した2通りに分かれます。

まず一つ目は、他人が見て勝ち組な人

例えば、身近な人で言うと私の職場の主任です。

専門理学療法士をとっており、講習会の講師を務めたり県士会活動を積極的に行なっています。

たくさん実績があり、今までの経歴もすごいです。

また有名な方では、最近 Instagramで理学療法士起業家の木城拓也さんと言う方を見ます。

たくさん失敗してきたけど、現在は整体50店舗経営しているとのこと。

Instagramの投稿やストーリーなどを見ても勝ち組感は溢れています。

例で挙げた方達は、勝ち組の種類は異なります。

しかし、どの方も勝ち組であることは間違いありません。

その判断基準は“他人から見て凄い実績があるかないか”だと考えます。

すごい実績がある人って他人から見ると、勝ち組と思ってしまうものです。

なぜなら、人は権威性に弱いからです。

しかし、他人がいくら『あの人は、勝ち組だ!』なんて考えても、実際に当の本人は勝ち組と考えているかはわかりません。

それらを踏まえて考えると実際の勝ち組とは自分自身が勝ち組と考えている人かもしれません。

自分自身が勝ち組と考えいる人には、何通りかのパターンがあります。

自分自身が勝ち組と考えている方のパターン

  • 理学療法士にやりがいを感じている人
  • 勘違いしている人

上であげた、両者は紙一重です。

理学療法士にやりがいを感じている方は、仕事に熱中している方です。

理学療法士のことが好きで、一生懸命頑張ることができているのは1番勝ち組であることが言えます。

しかし、やりがいを感じるのも度が過ぎると周囲にもやりがいを強要してしまいます

その場合は、ただの勘違いPTになりかねないので注意が必要です。

理学療法士として勝ち組になるためには?

理学療法士として勝ち組になるためには何をすれば良いのか。どのような考え方を持つべきなのかを解説しています。

理学療法士として勝ち組になるためにはあなたは何が必要かわかりますか?

前提として以下のことは知っておかなければいけません。

理学療法士として勝ち組になるために知っておくこと

  • 理学療法士として勝ち組とは?
  • 理学療法士として勝ち組になる方法

まずは、理学療法士として何が勝ち組なのか?ということを知っておかないといけません。

そのため、はじめに解説しました。

勝ち組になりたいのに勝ち組を知っていないとどこを目指して良いのかわかりません。

なぜなら、車を走らせるとき目的地がわかっていないとどのように走って良いのかわかりません

ただ、ガソリンや時間を浪費するだけです。

それと同じであなたが、勝ち組になりたい場合は最終の『勝ち組とは何か?』を知っておく必要があります。

勝ち組とは何かを知っておくことで、あなたはこれからどのように進むべきかが明確になってきます。

とはいっても、自分の考えだけでは行き止まりになってしまいます。

なぜなら、勝ち組になりたいと考える方は現状、勝ち組という認識をしてないからです。

では、次に大事な理学療法士が勝ち組になる方法を見ていきましょう!

理学療法士が勝ち組になる方法4選

理学療法士として勝ち組になる方法を解説しています。

本記事のメインである、理学療法士が勝ち組になる方法を説明します。

結論、理学療法士が勝ち組になるためには転職することです。

なぜなら、職場によって待遇面が変わるからです。

私の経験や情報収集した中でも待遇面はそれぞれです。

職場によって違う待遇

  • 給料
  • 休日(有休の使用可否)
  • インセンティブ制度の有無
  • 業務量

上記したように理学療法士は職場によって待遇面が異なります。

給料が多いけど、業務量が多い職場

休日が多いけど、給料は少ない職場

など様々なので自分が勝ち組になるために適した職場選びをできるようにしましょう。

自分の適した勝ち組になる方法をここからは解説していきます。

今よりも給料が高い職場に転職する

『給料を多くもらえること』が勝ち組と考える方にとって、この方法はおすすめです。

今よりも給料が高い職場は転職エージェントに相談することで見つけることは可能です。

しかし、有給消化率業務量などはしっかり確認しておくことが大事になります。

特にいろんなことに取り組んでいる職場というのは、業務量過多になっている確率が高いです。

『給料が多くもらえるならどんなにしんどくても頑張れる!』

と考えても、後に数年働いて業務量が多すぎることが退職のきっかけになります。

まこまる

長期的に頑張れる職場選びが必要です!

そのためにも転職する際には、転職エージェントで相談することをおすすめします。

公務員の理学療法士として働く

理学療法士が公務員として働くことで勝ち組になれる確率は高いです。

職場での経験年数を重ねていくことで、年収は上がってきます。

さらに管理職に就くと、より給料は高まるでしょう。

また、一般の病院や施設とは異なり、業務量や休日も調整されやすくブラックな働き方は回避することができます。

しかし公務員のデメリットしては副業が禁止であるため、今以上の収入を手に入れたいと思ってもできません。

まこまる

私の友人は、1年の試用期間を設けて正社員になれました。

理学療法士をしながら副業で稼ぐ

本業+副業の収入で勝ち組になることは可能です。

副業は伸び幅が大きく、稼げるといくらでも稼ぐことが可能です。

しかし、稼げない場合はいつまで経っても1円も稼げません。

時間だけ浪費することもあります。

また、日々の仕事を終えてからプライベートの時間を割いて副業に取り組む必要があります。

セルフブラックとも言われていますが、副業することで仕事とプライベートの両立は難しいことが考えられます。

自分の時間を全て捧げることが可能な方なら、副業をすることもおすすめします。

過度な取り組みは、自分の体調を壊すことにもつながりかねません。

まこまる

目標が明確であれば、副業に取り組むこともおすすめです!

自費リハビリ施設を開業する

理学療法士で開業といえば、自費リハビリ施設をよく耳にします。

しかし、自費リハビリ施設は3年で潰れるという情報もあります。

原因としては、療法士としてのスキルのみで戦おうとする人が多いからです。

集客の仕方や接客経験がないのに、開業してもお客さんが集まることはありません。

そのことを理解した上で、開業することをおすすめします。

まこまる

今はSNSを使った集客方法が1番良いと思います!

あなたが理学療法士として勝ち組になるための努力

あなたが理学療法士として勝ち組になるための努力をここでは解説しています。

あなたが理学療法士として勝ち組になる方法は上記したことで理解できたと思います。

しかし、具体的に日々何をすれば良いのかわからないはずです。

結論としては、どのようにして稼ぐか決まったら、それに向かって日々努力をし続けることです。

努力と言っても、がむしゃらにしても効果はありません。

時間を浪費してしまいます。

では、どんな努力が良いのか私が考える努力の仕方をここで紹介します。

治療技術を高める

あなたが今後も理学療法士として働くなら、治療技術を高めてデメリットはありません。

なぜなら、自分の技術は自分自身を助けてくれます。

例えば、治療技術が高いと患者様との信頼関係が築きやすく、介入も容易です。

また、移乗動作の時には無理に患者様を持ち上げて行う必要もないため、自分の体を痛めることが少なくなります。

今後、自分自身も年齢を重ねていきながら仕事を続けていかなければいけません。

しかし、いつまでも若手のような働き方はできません。

年齢に合った働き方をするためには、理学療法士として治療技術を高めることは必須です。

朝活する

朝の作業効率は夜の6倍に匹敵すると言われています。

以下が作業効率を高める理由です。

朝活が作業効率を高める理由

  • 寝起きということで脳がリフレッシュされた状態
  • 誰にも邪魔されない
  • 静かな環境
  • 締め切り効果により、作業スピードが高まる

私自身も朝活をして、1年経過します。

出勤前に、作業をすることは脳がクリアな状態であるため、とても作業効率が高まります。

また、家族がいる方にとってはなかなか一人の時間を確保することは難しいです。

そのような場合でも、誰も起きていない早朝は作業効率を高めやすいことが言えます。

しかし、早起きは決して簡単なものではなく、仕事への支障やストレスになることもあります。

朝活をする上では、無理せず取り組むようにしましょう。

まこまる

私も朝活を一度は断念しました。

本を読む

理学療法士でもリハビリの参考書をたくさん読む人を見かけます。

しかし、本をたくさん読んでる人は少ない印象です。

私自身も『リハビリの勉強だけしてたらいいや。』と考えていた時もありました。

しかし、あなたが年収が上がることを勝ち組と考えるなら、本を読むことは必須です。

年収が高くなるにつれて、本を読む時間や本にかける金額も高くなっていることが言われています。

お金持ちの大半は日々の読書を欠かさず、読書家です。

しかし、本を読むといっても、適当に本を選んで読めばいいわけではありません。

自分の目標にあった本を読むことをおすすめします。

本もたくさん溢れています。

どの本を読めば良いのかわからないと思います。

私自身も本がたくさんありすぎて何を読めば良いのかわかりませんでした。

私の場合はネットやSNSでジャンルに沿ったおすすめの本を調べて読むようにしました。

読書を始めたばかりの頃は全然楽しくないですが、知識が身についてることを実感できたら段々と楽しくなってきます。

リサーチする

大抵の人はリサーチすることを面倒くさがり、後回しにしてしまいます

しかし、事前にリサーチすることで後々、失敗する可能性を最小限に抑えることができます。

今回の場合は勝ち組になるための方法を本記事で提示しています。

勝ち組になるための方法をもとにリサーチすると…

リサーチする方法

  • 公務員として働くにはどうすれば良いか?
  • 副業で稼ぐには、自分に適したジャンルはどんなものがあるのか?
  • 今よりも給料が高い職場は存在するのか?

リサーチといっても、方法はたくさんあります。

私が活用するリサーチの方法は以下の通りです。

リサーチの方法

  • そのジャンルの本を読む
  • ネットで調べる
  • SNSで検索する
  • 誰かに聞く

情報社会となった現代では、どの情報が正しいかを見極める必要があります。

そこで、情報の取捨選択をすることは必須です。

いくつか情報を集めて共通することをピックアップすれば良いと考えます。

理学療法士が勝ち組になる方法4選のまとめ

ここでは、理学療法士が勝ち組になるための方法4選についてのまとめを表しています。

理学療法士としての勝ち組とは自分次第です。

理学療法士という仕事にやりがいを持って楽しんでいる人は勝ち組です。

反対に、毎日嫌な気持ちで理学療法士の仕事をしている人は負け組と考えます。

毎日の仕事を楽しむためには日々の仕事を楽しめるような工夫が大事です。

転職サイトで確認することもおすすめです。

即登録可能!→マイナビコメディカル

東京・神奈川の方におすすめの転職サイト→レバウェルリハビリ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次